DSC_0166 (640x480) (640x480)
DSC_0264 (480x640)
いや、工藤江里菜さんを知ったのは、有名ブロガーのひとり「かさこさん」が
小山さんという元ソニー・ミュージックのプロデューサーでミュージシャンでもある人物紹介記事をエントリーされておられたからだ。  http://kasakoblog.exblog.jp/22123098/

 2014年 06月 18日 「音楽の録音物を売る時代はとっくに終わった~元レコード会社社員が語る、ミュージシャンは個人事業主たれ」

そこで、私はその小山さんがプロデュースする工藤江里菜さんがたまたま大阪の周防町のliveハウスで女性三人と出演されるというので、出かけることにしたのは6月のことだった。彼女の歌声はHikkiや倉木麻衣の系統で気にいったからだった。

そのときに二枚の工藤江里菜ののCDアルバムを買いときどきプレイリストに何曲か入れて、安室ちゃん好きv( ̄Д ̄)v イエイ!やHikkiちゃん好きv( ̄Д ̄)v イエイ!やaikoやモッチーやAIや尾崎豊の数曲や斉藤和義や中島美嘉や昨年冬からお気に入りの家入レオやホイットニー・ヒューストンやその他の曲と共に聴いている。

DSC_0169 (473x640)
その延長線で明香音という路上liveから関西ラジオの後押しなどで秋にBIG CATで意味がよくわからないけど「レコ初 明香音ワンマンlive」の存在を知った。工藤江里菜が出演したliveハウスでは、同じ弾き語りだったのでかぶった印象があり。声色も甘ったれた感じがしたので、特に覚えていない。しかし、手売りで少しずつステップアップして、関西ラジオの後押しもあり四百人規模の公演をやるというのをさいたまスーパーアリーナで安室ちゃん好きv( ̄Д ̄)v イエイ!のliveを楽しんで帰ってきて十月に入り偶然チラシがでてきた。、それならBIG CATに行ったこともないので行ってみるかと問い合わせmailしたら、企画した築音堂からいきなり予約承りましたのmailになって届いた。ま、それなら行ってもいいかと思い、そのままにしていた。

DSC_0179 (480x640)
DSC_0183 (640x480)
そして、当日が月食のある日だということに気づいた。最初から明香音コンサートには顔を出すものの吉野で家も遠いのと月食を見たいということで、途中で抜け出すつもりだった。そこで、スマホデビューしてまだ三週間目なので、ハルカスのWi-Fiを試すべく、3階のスタバで家主のブログのポイントでも入れようと、女性しか通らない売り場を小さく肩をすぼめて通り、東の端にあったスタバでレギュラーコーヒーを飲みながら、スタバのWi-FiにD kintetsuから切り替えた。ところが28日に新宿のスタバでWi-Fi登録したにもかかわらず、何度もログインができなかった。

仕方なく最初から登録しなおしたが、それでもつながらないので店員さんにスタバのパンフをもらい、事情を説明した。結論的にはつながっても、電波が「お席によって弱い場合があります」といわれたので、座った場所が悪いと諦めて二時間近くの悪戦苦闘を無駄に過ごした。しかし、対応がよかったので気分は良好だった。ちょうど周防町に行くにはいい時間になるので、地下のお気に入りの丼丼亭で天丼も食べ準備完了して、地下鉄に乗り難波で下車した。

10月にこの難波方面に向かう目的は気になっているグリコの看板がお披露目しているのかどうかだったが、残念ながらまだできていない。しかし、相変わらず引っ掛け橋の上はグリコポーズで記念写真を撮るカップルがいるなど賑やかで、午後六時過ぎだったがまだ、月食は見れなかった。私はスマホの電池の減り具合のテストもしているのでそこでスマホで写メしたりして、周防町のBIG CATへ行く時間の調整も兼ねた。列順入場ということだったので、参加者が多いのかなと思い、三十分ほど前に会場に行くことにしていた。

そこで驚いたのは人が全然集まっていないことだった、まず、私のテンションはだだ下がりになった。私の好きな小劇場の燐光群の公演でもこんなことはないのにどうなっているのだろうという、不安になる会場は殺風景な感じだった。と、いうのは6月の工藤江里菜のliveでも階段に列ができていて驚いたのに、と、盛り上がらない自分に場違いなところに来たことを後悔する雰囲気があったことも事実だ。


DSC_0197 (480x640)
人が突然増えだしたのは開演時間が過ぎてからだ。そして、どこかの同好会の発表会かなにかのように私語が飛び交いさらにスマホが踊っている。私はといえば、この明香音のコンサートが、昨年初めてZIPで観た家入レオとどう違うのかに興味があり、それなりに気持ちの準備をするために、スマホもガラ携ウオークマンで聴いていたお気に入りのPRAYリストも切り、当然ながら五分前には電源も切って待ち構えていたのだ。

ところが五分過ぎてても何のアナウンスもなく、たまらなくなり、隣のおじさんに
「なぜ時間過ぎているのに、初めないんですか?」ときくと、
「ま、いつもこんなもんですよ。」いわれた。

しかし、私には月食を見たいという事情がある。家が遠いという事情がある。少し遅くなるとスパワールドやネットカフェ泊まりになる。そんなリスクをかける予定はもともとない。明香音さんとの特別な関係ももちろんファンでもない。工藤江里菜さんは注目しているが、明香音はこのコンサート以後の判断だ。ちなみに家入レオの存在はまったく知らなかったのに、偶然CMで声を聴いて気になり最初にLEOのアルバムをPRAYリストに入れてから、コンサートが難波ZIPであることを知りNetで手に入れ行ったのだ。動機が違う。

後ろをみたら空席がかなり埋まっていたが、私語の飛び交いは相変わらずで、私はテンションが下がりっぱなし、この彼ら彼女ら(これは少ない印象)の同調圧力とは相容れない感覚になり、会場を飛び出した。そして、良かったと思った。主催者の関西ラジオや企画の築音堂では当たり前か知らないが、少なくともフリーコンサートではない。昨年経験した家入レオのliveなどは超満員でそれこそ列をなしていて、若い男女が多いのに驚いたものだ。しかし、このだだ下がりのテンションでうちわの発表会のような雰囲気は私のもっとも苦手とする感覚だ。入っていけない。

だから、十分も遅れてても平気なこの程度の規模のコンサートに我慢がならなかった。

周防町のBIG CATも明香音さんも、ご縁がなかったってことですな。

DSC_0201 (467x640)
DSC_0212 (640x480)
DSC_0245 (480x640)
DSC_0249 (480x640)
周防町通りのAppleストア前で早速、お目当ての月食を観た。いや、素晴らしい。この日を逃すとまた数年かかる。こういうのは日食も含めて見れるときに見ないと後悔する。月食だって小田急相模原でmisonoと観たものだ。そして安室ちゃん好きv( ̄Д ̄)v イエイ! の『Un Control 』のアルバムが金環食に映えている安室ちゃんだったことをファンは熱烈歓迎し二十周年沖縄スタンドアップアニバーサリーコンサート(台風で中止)になり、五大ドーム公演につながったことはファンなら記憶に新しい。

そんなこんなで、時間がずれるならひとこと何かあってもいいんじゃないか? 安室ちゃん好きv( ̄Д ̄)v イエイ!のドームコンサートでも十分が限度で始まっているよ。

かさこさんがイベント開催で定刻開始の提言をされていたが、実に適切な意見だと思う。

今回のコンサートの件はひとえに主催者と企画者に猛省を求む。もちろん、私は二度と行かないけどね。